備忘録

関西ジャニーズJr.を中心としたコンサートや舞台の簡易きろくetc.

とれ関8/21文字起こし

≪関西ジャニーズJr. とれたて関ジュースラジオ関西

 

ラジオ8/21(日)放送分の文字起こし。(← )書きは個人的な感想。

出演:浜中、向井、赤名

エンディング曲:関ジャニ∞「侍唄」

 

 

 

赤名「よる11時45分なっちゃったけど!盛り上がって行きまぁす!」

 

全員「「「関西ジャニーズJr. とれたて関ジューーース!」」」

 

全員「「「こんばんは~」」」(←赤名くん笑いで声ゆれてるww)

浜中「関西ジャニーズJr.の浜中文一と、」

向井「みんなの万能調味料こと、塩こうじよりも向井康二と、」

赤名「赤名竜乃介です!」

赤名「……この番組は、ぼくたち、関西ジャニーズJr.が交代で、パーソナリティをつとめ、ありのままの声をお届けしている番組です!」(←冒頭なんかかわゆい間が…笑。初々しい!)

向井「なるほど~(笑)。ちょっとねぇ、あのーなんていうの、今11時、でしょ~?11時45分からねぇ盛り上がって行くぞ!はちょっとしんどいっすね~」

赤名「はい!はい(笑)。あははは!しんどいですか、フフフ(笑)。」

浜中「しんどいわ~」

向井「もう寝る時間やからこう、寝ながら聴きたいわけよ」

赤名「あーなるほど(笑)。フフフ(笑)」

向井「盛り上がって行くぞーっ!って。コンサートじゃないからね?」

浜名「ね、赤名が司会初めてちゃうん?」

赤名「司会はじめてでめっちゃ緊張してます。はい。」

向井「せやろー?オレも先週緊張してたから大丈夫。だいじょうぶ。」

赤名「ほんとですかー?」

浜中「大丈夫。オレらおるから。」

向井「そうそう。文一くんおるから。」

赤名「わかりました。出演メンバーは、月ごとに交代で、毎日3人が出演しています。今月は、浜中文一くんと、向井康二くんと、赤名竜乃介の3人が担当しています!」

向井「なるほどっ!いいですねー」

赤名「今日は、個人あてに来た、質問にバンバン答えていきたいと思います!お楽しみに!」

 

~提供~

 

浜中「ということで、改めまして、関西ジャニーズJr.の浜中文一と、」(←イケボ)

向井「向井康二と、」(←イケボ)

赤名「赤名竜乃介です!」(←イケボ…じゃなーい!とっさにノれないのかわゆーい笑)

赤名「ということで今日は個人あてに来た質問に答えていきたいと思います!」

向井「はーい(笑)。」

赤名「じゃ、まずボクから。いきます」

向井「おっ!」

赤名「(お便り)大分県の、ポニョのいとこさんから」

浜中・向井「「ポニョのぉ!?」」

赤名「ははははは!くふふ(笑)」

向井「ポニョのいとこってどんなん?」

浜名「ポニョ、のいとこ大分に住んでんねやって」

赤名「フッフ、あはは(笑)。」

向井「ポニョのいとこか~、見たいな~」

浜中「ねぇ。」

赤名「(お便り)とれ関、毎週楽しく聴いています。8月は文一くんが出ると聞いて、ちょうど聞きたいことがあるので質問します。ぶんいちくん、文一くんの、白もち肌は、どんなお手入れをしているんですか?私も文一くんみたいな白もち肌になりたいのでぜひ教えてください。」

向井「あー。文一くんの美白ね。なるほどなるほど。」

赤名「はい。」

浜中「そうやね、別になんもしてないねんな。」

向井「特になんもしてない?」

浜中「なんもしてない。」

赤名「ははは(笑)、そうなんですか?」

向井「多いすよね、なんもしてなくてきれいな人って結構いますよね。」

浜中「ただ、オレは人よりも倍以上外に出てないからね。」

向井・赤名「「ああー。」」

向井「中にね。」

浜中「そう、日光に当たってない、から、ちゃう?」

向井「化粧水とか塗ってるんすか?」

浜中「いや、塗ってへん、けどぉ」

向井「なんか適当に、(ぺちぺちぺちぺち)塗ってそうや、文一くん。」

浜中「まぁ塗ったとしても適当やな、たぶん」

向井「適当っすよねぇ。」

赤名「へぇー。」

浜中「だからさ、雑誌とかテレビとかでさ、メイクさんがさ、メイクを取った後、終わってからね、撮影とかがさ、『いや、大丈夫です』って言う。言うけど、『いや、一応塗っときー』『わかりましたー』つって、ペッペッペって塗って、で『乳液はー?』って言われるやん。『乳液、あ、それはもう大丈夫』って。」

向井「っすかー?」

浜中「めんどくさいねん。」

向井「乳液の、あのマッサージがいいじゃないですか。」

浜中「いやめんどくさい。もうオレ化粧水とか塗ってる時間あんねやったらもう、動いて帰りたい。」

向井「なるほどねー。」

赤名「ハハハ!(笑)」

向井「帰るとき日光浴びますよ。」

浜中「浴びひん。」

向井「浴びないんすか(笑)!できるだけ陰を歩く。ということは、じゃあできるだけ陰を歩くというのがね。」

赤名「あー。日焼け止め、とかも塗ってないんですか?」

向井「日焼け止め。」(←復唱かわゆい……)

浜中「だから外行かへんもん。」

赤名「あー、そっか。」

向井「そうよっ。」(←だから復唱かわゆい…笑)

赤名「へぇー。」

浜中「ただその、ね、皆でバーベキューとか行ったりしたときは、すごぉく焼けるから日焼け止めは塗るけど、やっぱ赤くなって終わるもんな。」

向井「ああー。文一くん赤くなるけど、黒くならないイメージですわ。」

浜中「ならない。」

赤名「へぇー…。」

向井「横山くんもそうですよね?」

浜中「そうそう、横山くんも一緒。」

向井「ボクはね焼けたらね、真っ黒になっていっちゃいます。」

浜中「だからポニョのいとこは、ね、どこに、地上に住んでんのか海に住んでんのかわかりませんけど、」

赤名「うふふ!フフフ(笑)」

向井「わかりませんけどもね(笑)。」

浜中「なるべく、海に住んでんねやったら、海面に近づかないように。」

向井「そうですね、底のほう、底のほうで(笑)。」

赤名「紫外線がね(笑)。じゃあ、続いてのお便り、じゃあ、康二くんお願いします!」

向井「(お便り)文ちゃん、ジーコ、赤名くん、こんばんは。」

浜中「なんか馴れ馴れしいな…。」

向井「そうっすよね、文一くんでしょぉ、ここは。ジーコはまあいいとして、文一くんでしょここは、ねっ。じゃ、(お便り)文一くん、ジーコ、赤名、こんばんは!」(←文一くんの呼び方を訂正した結果、赤名くんから敬称取れちゃってるww)

向井「(お便り)5、6年前からずっと関西Jr.のファンの大学2年生です。ことしの春の大阪松竹座コンサートで、初めて関西ジャニーズJr.のコンサートに行ったのですが、ちびっこJr.も、メインの5人も、関西Jr.みんなキラキラしていて、面白くて最高でした。また、夏のANOTHERも行くので、とても楽しみにしております。ところで、文ちゃんや、ジーコには、(向井「馴れ馴れしいな~。文一くんや、言うてんのになぁ。ほんま。」)、文一くんや、ジーコには、このように、あだ名というか、(向井「あ、そういうことですね。」浜中「あー、それはね。まあいいわ。」)文ちゃん、ジーコ、というあだ名がありますが、呼びやすい呼び名があるけど、赤名くんにはまだあだ名がないのですか?赤名くん自身はファンのコに呼んでほしいあだ名とかありますか?なければ、先輩おふたりにかわいらし~い呼びやすいあだ名をつけてもらうのはどうでしょうか。文ちゃん、ジーコ、よろしくお願いしまーす。ということですね。」

浜中「馴れ馴れしいな。」

赤名「アハハハ!(笑)」

向井「馴れ馴れしい。でも最後、(お便り)読んでいただきありがとうございました。これからもずっと応援しております、とありますね。」

赤名「ボク…、実は、決めてもらってるんですよ、康二くんに。あだ名を。」

浜中「なに?」

赤名「“のすけ”。」

浜名「のすけ?」

赤名「のすけって作ってもらったのに、呼ばれたのが、最初の1週間くらいで…。もうそっからずっと“赤名”なんです。」

浜中「んん…、なんなんそれ?」

赤名「フフフ(笑)!」

向井「なんか、の、のすけ、ってあだ名をつけたんす。映画の撮影中にね、あだ名つけたるわー、って言って、のすけにしたんですけどぉ、なんか小瀧望とかぶるなー、って思ってぇ。」

浜中「ああ。のんすけって言ってるから?」

赤名「あっ、そうなんですね。」

向井「のんすけって言ってるからぁ、かぶるなーって思ってぇ。文一くんにつけてもらおっ。売れるよ。マジで。」

浜中「あかなりゅうのすけ…。」

赤名「はいっ。」

向井「どうします?ボクは文一くんにはね、康二って呼ばれるのが一番心地いいんで。康二のままでいいんですけども。なんかかわいいほうがいいの?」

赤名「いや、もう…、みんなに親しまれて呼ばれるような感じがいいです。」(←アイドルとしてひゃくてんまんてんの回答―――)

向井「なるほどな~~。」

浜中「あかなりゅうのすけ…。地元ではなんて呼ばれてんの?」

赤名「(地元)は赤名で、学校ではのすけって呼ばれてるんです。」

向井「ああなるほどね。なるほどなるほど。」

赤名「はい。」

向井「じゃあ、…“赤の他人”。」

赤名「(笑)。いやちょ待ってください…全然親しんでないじゃないですか(笑)。」

向井「親しま、(笑)」

浜中「長いし。」

向井「ッアッアッア(笑)。長いっすねぇ。」

赤名「くふ、ふふ、フフフ(笑)。」

浜中「うん。もう……のすけでいいんじゃない?」

向井「のすけ、のすけにしとこか!!いいよもう最初一周回ってそれでいいんだよもう。」

赤名「ハハハ!のすけ…(笑)」

浜中「のすけでいいんじゃない。」

赤名「わかりました(笑)。じゃあみんなも、のすけってよんでください!」

向井「了解です!」

浜中「ファンの人ものすけって呼んであげてください。」

向井「お願いしまーす。」

赤名「文一くん、お便りお願いします!」

浜中「(お便り)はるな、(向井「愛でぇす!ッアッアッア(笑)」)関西ジャニーズJr.のみなさん、こんばんは。今回、康二くん文一くん赤名くんの3人が担当するということでとても嬉しかったです。康二くんは、キスマイの宮田くんも出演する「子連れ信兵衛2」の第6回ゲスト出演決定、おめでとうございます。私はキスマイも大好きなので、共演がとても嬉しかったです。そこで、撮影所での宮田くんとのエピソードは何かありますか?共演者の方との、エピソードでもいいので、何かあったらよろしくお願いします。文一くんや赤名くんの、キスマイへのイメージなども聞いてみたいです。放送楽しみにしています。」

向井「ありがとうございます。そうですね、子連れ信兵衛決まりましたけども、エピソードでいいですか。ありますよ。宮田くんとのエピソード。まあ面白いかはわかんないすけど。何回、何シーンか共演、一緒のシーンがあって、でまあ、楽屋も一緒なんすよ。楽屋が一緒で、初めて入ったときはめちゃくちゃ緊張しましたけど。そこから宮田くんがすごい優しいんで、色々教えてもらったりとかして。で、あの、宮田くんが濡れるシーンがあって。ビチョビチョになるシーンがあって。そこで、濡れたらやっぱりパンツとかを、干すんすよ。楽屋に干してたんですよ。かけるところにね。ボクその、かけるところの下に服を畳んでたんですね、ボクのTシャツとかを。で、宮田くんがその上に濡れたパンツをかけるわけですよ。ね、かけてるんです、で、乾くじゃないですか。で、ボクがドラマの撮影今日終わりましたってなって、服着ようと思ったらすごいTシャツのね、両脇が濡れてて。えっ、宮田くん、着たんかな?と思って。えっ、宮田くんの脇汗、すごいな!と思ったんすけど、パンツの、雫が、ボクのTシャツの、脇だけに、溜まっていって、ピンポイントで両脇が濡れてるっていう。」

赤名「ハハハ!(笑)」

浜中「へぇー。」

向井「だからちょっとね、言おうと思ったんすよ宮田くんに。でも、なんも言わずに帰りました…(笑)。」

浜中「あ、そうなんや。」

向井「はい。この、一滴ずつね、宮田くんが履いたパンツの、エキスが、ボクの、Tシャツに、零れてたんすよ。」(←一言一言区切るようにwww)

浜中「イヤやな~。宮田のエキスはイヤやわ~。」

向井「最初だから着るか迷ったんすけど、まあそれ着ないと帰れないんで、帰りましたねぇ。」

浜中「宮田のエキスは…。」

向井「(笑)。」

赤名「パンツっていうのがね…(笑)あはは(笑)。」

向井「パンツなんすよ!ちょうど脇にピンポイントで来るっていうね…。」

浜中「イヤやなぁ。」

向井「はい。そうっすね、やっぱお世話になりましたね。終わってからね、サンダル、使ったサンダルももらいましたし。」

浜中「よかったやん。」

向井「もらいましたもらいました。っていうのがありますね。ぜひ放送を楽しみにしてほしいんですけども。」

浜中「ほんまやね。みなさん観てください。」

向井「どうですか?キスマイフットツーのイメージ。」

浜中「イメージある?赤名。」

赤名「ボクはちっちゃい頃からずーっと、ミュージックステーションとか観てて。えっと、映画の撮影のときに宮田くんと初めて会ったんですよ。あの、撮影してたじゃないですか。そんときにめちゃ優しい人やなーって思って。『ボク、プルシェンコに似てるって言われてるけど、キミ羽生結弦に似てるね』とかすごいそういう話をしてたんですよ。」

向井「あーなるほどね(笑)。」

赤名「ねえっ。この前、コンサートのバックにつかさしてもらったら、ヲタク曲ってやってて、もう今ヲタクのイメージしかないですね。」

向井「あーなるほどなぁ。あの、「ヲタクだったってIt’s AllRight!」かな、確か。」

赤名「そうですそうです。」

浜名「へぇー。」

向井「アレ面白かったな~。」

赤名「めっちゃ面白かったです!」

浜中「宮田なぁ。じゃあね、いっぱいお便りありましたけども。」

赤名「というわけで、時間が来てしまったので今日はここまでです!」

浜中「来てしまった。」

向井「しまったかー。」

赤名「たくさんのメールありがとうございました!では、ここでCMです。」

 

~CM~

 

赤名「エンディングの時間です。今日のエンディング曲として、いま流れているのは、関ジャニ∞さんの「侍唄」です。この曲をリクエストしたのはボクなんですけどぉ!」

向井「なるほどね。なんでー?」

浜中「赤名くんね。」

赤名「はいっ!CMで、関ジャニ∞さんのライブのDVDの宣伝CMがやってたときに、この曲が流れててボクひとめ惚れてか、しちゃってずっと今聴いてるんですけど。」

浜中「きみーに、」

浜中・向井「「ひっとっめぼっれー」」

浜中「まあ違う曲入れて…。」

向井「そのーよこーがおー」

赤名「フッフフ(笑)。なんですけど、いい曲なんで、みなさん聴いてください!」(←おすすめしてくれるのかわいい~~)

浜中・向井「「はい。」」

赤名「ここで!番組エンディングの甘いおやすみのコーナーです!」

向井「なんだとーっ!今週もやるのかー?やるのかー!?」(←やかましいww)

赤名「関ジャニ、(笑)やっちゃいます!関西ジャニーズJr.とれたて関ジュースは、JAM×JAMの最後を締めくくる番組ということで、毎週だれか一人が、リスナーのみなさんに向けて、甘いおやすみの台詞を言っていきます。」

浜中「はい。」

向井「はーい。」

赤名「はいっ。自分で考えたね、おやすみを言いたいと思います。」

向井「一週目が文一くんで、この前が赤名で、」

浜中「じゃあ最後にしてー」

赤名「じゃあ最後にしましょ!(笑)」

向井「ちょっと待って待って!!ちゃうやん!!」

浜中「赤名から引いて」

赤名「はい!」

向井「(笑)せえのーでっ、…おあ~~~お~~~おおおん。いこいこいこ!ハア。」

赤名「(笑)、はいっ!えー、おやすみ担当はクジで引きました今。関西ジャニーズJr.とれたて関ジュースではみなさんからのお便りをお待ちしています!」

浜中「メールは、(アドレス)」

向井「お葉書の場合は、(住所)」

浜中「………あっオレか(笑)。それでは、今週は、関西ジャニーズJr.の浜中文一と、」

向井「向井康二と、」

赤名「赤名竜乃介でお送りしました!」

 

向井「さあ今日もボクたちの甘い声で、一緒に寝ようぜ(笑)。おやすみふふふ(笑)。」

 

浜中「絶対これあかん。」

赤名「んふんふ、ふふふ、ふふふ(笑)。」(←さざ波のような笑い声がずっとしてる。かわいいーー笑)

向井「え、これあかん?これダメ?うそやん(笑)。」

赤名「また来週もあるので、おやすみ台詞も。」

向井「そうそう。」

赤名「来週もぜったい聞いてください!」

全員「「「ばいばーい!」」」

 

向井「おやすみ。」